サラリーマンが奥さんに内緒でキャッシング

MENU

サラリーマンが奥さんに内緒でキャッシング

毎日の生活の中で時にはお金が足りなくなる事もあります。家計を預かる主婦はお金の管理が大変で、いつもお金の悩みが絶えないという主婦も決して少なくはないでしょう。それでもお金の悩みを抱えているのは主婦だけではないようです。毎月の生活に必要なお金を稼いでいる一家の大黒柱であるサラリーマンも、また限られたお小遣いの中で何とか遣り繰りをしているという人も多いのではないでしょうか?

 

それでも同僚との付き合いや会社での歓送迎会等、臨時の出費によりお小遣いが不足する事もあるでしょう。そんな時に奥さんに一言ヘルプを頼めるのならば苦労はないと思いますが、奥さんの方も毎日のやり繰りに苦労をしている為、なかなか言い出せなという事もありますよね。そんな時には次の給料日までの繋ぎとしてキャッシングを利用する人も多いようです。

 

 

次の給料日までの繋ぎに利用できる無利息サービスのある消費者金融はサラ金

不足したお小遣いの補填の為、給料日までの繋ぎとしてサラ金でキャッシングをするならば、なるべくなら借りたお金以外の支払いは1円たりともしたくないもので、つまりサラ金の金利を安くしたいものですよね。サラ金などの金融機関でお金を借りたら利息が掛かる事は常識ですが、消費者金融には無利息期間を設けている所があります。

 

大手消費者金融のアコムやプロミス、新生銀行レイクでは、初めての利用で30日間無利息キャッシングが可能です。
ただし新生銀行レイクは現在、消費者金融ではなく銀行になっていますが、大筋でのサービスでは消費者金融の業務を引き継いでいる為に、ここでは消費者金融として記載をしておきます。新生銀行レイクでは30日間無利息サービスの他、200万円以下の利用を限度として5万円まで180日間無利息サービスもあります。

 

また同じ新生銀行グループに属しているノーローンでは1週間無利息サービスがありますので、給料日まであと1週間という時に利用をすると便利です。初回利用時のみ30日間無利息サービスとなる消費者金融とは違い、借金を完済する事で翌月以降の借入れも1週間無利息となります。

 

サラ金金利

 

 

サラリーマンが奥さんに内緒でキャッシング

【キャッシングの返済には気を付けましょう】

 

消費者金融でキャッシングをすると、返済方法は主に2つとなります。一括払いとリボ払いが通常となっていますが、基本的には給料日に返済をするという事を心掛けると良いです。それでも一度に返済をするのは無理と言う場合にはリボ払いを選択する事になり、そうする事によって一度に返済をする必要が無くなります。

 

消費者金融で10万円をキャッシングした場合の最少返済額は3,000円となっている金融会社は多く、その金額で返済を続けた場合には47回払いとなり、利息の総額は38,781円となります。元金に対して38%に相当する利息が付く事になるので、考えてみると勿体無い事と言えますね。できる事ならば途中で一括返済をする事をお勧めします。

 

また途中で借入れの追加をすると、返済額残高が10万円までならば同額の返済を続けて行く事になりますが、返済完了の期日が更に伸びる事になり利息も更に多くなります。返済方法をリボ払いに選択した場合には、少しでも早く返済を済ませるようにしたいものです。

 

 

【サラリーマンは1か月にどの位のお小遣いを貰っている?】

 

家計の管理を担当する人は奥さんである事が多いようで、一旦給料の全額を家計へ入れた後にお小遣いを奥さんから貰うという事が一般的のようです。
また旦那さん自身が家計を管理する場合もありますが、それでも生活に必要な費用は家計へ入れて、余った分を自分のお小遣いにする事になると思います。

 

サラリーマンが確保できる毎月のお小遣いはどの位でしょうか?
新生銀行が2013年に行った調査によると、サラリーマンの1か月のお小遣いの平均は38,457円という事です。バブルの頃ですと7万円というのが平均のお小遣いであったという事で、景気が大きくサラリーマンのお財布に影響を及ぼしているという事になります。
この金額からサラリーマンは毎日の昼食代や、たばこ代、月に数回の飲み代等を捻出しているのです。このような状況である事から、突然の予想外の出費に対応する事は難しく、そのような時にキャッシングを利用するという人も多いようです。

 

学生 キャッシング | 親バレせずにお金を借りる方法!

更新履歴